• TEL: 099-262-1341
  • freee 対応 鹿児島・愛知

認定こども園の外部監査

平成27年4月より「こども・子育て支援新制度」がスタートし、公費に係る経理の透明性の向上が求められていますが、認定こども園の監査費用について「外部監査費加算」として自治体から補助を受けながら公認会計士監査を受けることで、決算書類の信頼性を確保することができます。
当公認会計士事務所でも認定こども園の監査業務を通じて地域社会に貢献いたします。

 

公認会計士監査を受けることのメリット

公認会計士監査を受けることで、市町村等による認定こども園を運営する法人を対象とした会計監査が原則として対象外となります。

・公認会計士監査を受けることで「外部監査費加算」として3月分の公定価格算定時に加算されます。

定員区分加算単科(円/人)定員区分加算単科(円/人)
~15人26,660121人~135人 3,850
16人~25人16,400136人~150人 3,600
26人~35人 12,000 151人~180人3,110
36人~45人 9,550181人~210人 2,760
46人~60人 7,330211人~240人 2,500
61人~75人 6,000241人~270人 2,400
76人~90人 5,110271人~300人 2,330
91人~105人 4,570 301人~ 2,120
106人~120人4,160

例)定員が90人、実際の人数が80人の場合の公定価格加算額:80人×5,110円=408,800円

 

・監査の中で助言を受けることで、経理の悩みから解放されます。

・公認会計士監査を受けることで、社会的信頼が高まります

ボールプール 加工