医療機器について中小企業投資促進税制を適用できるか

中小企業投資促進税制は、中小企業者等が、機械装置等を導入した場合に、取得価額の30%の特別償却または7%の税額控除が選択適用できる制度です。

超音波診断装置、人工腎臓装置、CTスキャナ装置、歯科診療用椅子などの医療機器は、対象資産ではないため、この規定の適用はありません。