拠出した基金の返還を受けることは可能か?

法人に留保された利益をもって、定時社員総会の決議を経て返還を受けることができます。具体的には、ある会計年度の貸借対照表の純資産額が以下の金額を超える場合において、その超える額を限度として、次の会計年度の決算の決定に関する定時社員総会の日の前日までの間に限り、基金の返還が可能です。

①基金及び代替基金の総額

②資産につき時価評価をしている場合には、その時価評価益

③資本剰余金の価額