個人経営時代の借入金は法人へ引き継げるか?

土地・建物や医療機器取得のための借入金は、これらの設備を医療法人へ基金として拠出すれば、一定の限度額の範囲内で引き継ぐことができます。よって、設備を拠出しない場合は借入金を引き継ぐことが出来ず、院長個人が当該借入金の返済を行っていく必要があります。

一方で、運転資金のための借入金は、拠出財産と関連がないため、原則として引き継ぐことは出来ません。

個人経営時代の借入金を引き継げない場合は、院長先生個人の資金繰りが苦しくなるため、別途対策をとる必要があります。