医療法人が解散する時の手続は?

〈解散手続〉

医療法人は下記の場合に解散します(医療法55条)

  1. 定款をもつて定めた解散事由(一般に診療所の廃止又は1年以上の休止)の発生
  2. 目的たる業務の成功の不能
  3. 社員総会の決議
  4. 他の医療法人との合併
  5. 社員の欠亡
  6. 破産手続開始の決定
  7. 設立認可の取消し

このうち、②③については都道府県知事の認可を受けなければ、解散の効力が生じません。一方、①⑤については清算人(通常は理事長が就任)が県に届出すればよく、知事の認可は必要ありません。